[機材紹介]MASELEC MLA-2

Posted on 16.10.08  /  in 機材

MASELEC MLA-2は、マスタリングを主眼に設計されたステレオコンプレッサーです。

MASELEC MLA-2

MASELEC MLA-2

コンプレッサーには様々な方式がありますが、この機種はTELETRONIX LA-2AやTUBE-TECH CL-1Bをはじめ、様々な機種に採用されているオプティカル式です。

一般的にマスタリング機は左右のマッチングとリコール性のために各操作子はステップ式になっています。このMLA-2も同様です。また、サウンドの色づけも少ないです。

スレッショルドつまみはなく、INPUTつまみを上げていくと深くかかっていき、OUTPUTつまみでレベルをコントロールというUREI 1176のようなスタイルです。

マスタリングでは深くコンプレッションすることはほとんどありませんのでだいたい入出力のつまみはハの字型に落ち着きます。

各パラメーターは次のとおりです。

 

入力レベル -20dB 〜 0dB、1dBステップ
レシオ 1.4:1, 1.7:1, 2:1, 3:1, 5:1, 8:1
アタックタイム(ms/dB) 0.005, 0.020, 0.100, 0.500, 1.0, 1.5
リリースタイム(s/dB) 0.02, 0.05, 0.10, 0.20, 0.40, 1.0
出力レベル 0dB 〜 +20dB、1dBステップ

 

どれもよく設定されていて、1.4:1という低いレシオ(ニーも緩くなります)で緩めにコンプレッションしても8:1という高めのレシオでピークを叩いても、コシのある端正(この言葉がぴったり)なコンプレッションをしてくれます。

リダクションはメーターがほとんど振れない程度にうっすらかけるのが私の定番です。